読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『会社のルールに縛られるのはやめた』

組織という名の報われない檻から脱出し ただ自由を追い求める平凡サラリーマンのブログ 〜28歳 男性 一人暮らし 手取り19万〜 どこにでもいるような平凡サラリーマンが「せどり」を始めて3ヶ月で月商140万円を達成!!!

公庫にお金を借りにいったよ 〜その1〜

f:id:kakuekiyamadayu:20161217190537p:plain

こんにちは!

山田 優です。

 

今日は日本政策金融公庫いってきたよー!

めちゃくちゃ緊張しました〜

 

今回は融資の相談だったので

顔合わせみたいな感じですが、

 

ちらほら「人となり」を見られている感じがしたので

その辺りをポイントでお伝えしていきますね♪

 

まず、日本政策金融公庫はお役所なので

基本的に土日お休みです。

 

土日でも相談のってくれる場所はあるので

自宅近くの支店をチェックしておきましょう^^

休日、夜間の創業相談|日本政策金融公庫

 

私の場合10時に面談希望で申請したのですが、

先約があったので13時に変更になりました。

 

山田「13時に予約してた山田と申します。」

担当「お待ちしておりました!◯階にどうぞ」

 

開かれた自動ドアをくぐると

そこには受付カウンターがあり

管理人のようなおじさんが

ひっそりと佇んでいました。

 

おじさん「・・・山田さんでしょうか?」


山田「はい!そうです!」


おじさん「・・・では階にどうぞ」


なんだか品定めされてるみたいで緊張します。

気は抜けません。


エレベーターで◯階に着くと
担当者の方が待ち構えていました。


担当「山田さん、お待ちしておりました!

こちらにどうぞ。」

 

年齢は30代中盤くらいの

メガネのお兄さん。

 

薬指に指輪つけてたので既婚でしょうか?

 

奥にはもう一人男性がいて

丁寧にあいさつをしてくれました。

 

ここまでの一連の流れで

だいぶ人柄を見ている様子が伺えます。

 

はじめて行くよって方は

気を抜かないよう注意しましょう。

 


案内された場所はよくある

ふつーの会議室


広さは15畳ほどでしょうか。


そこに面談用のデスクと荷物置き、

はじっこに観葉植物が置かれていました。


担当「では、そちらにどうぞ」

 

奥にあるイスに座るよう促されます。


担当

「お飲み物を用意しておりますが、

あったかい緑茶とあったかい紅茶

どちらがいいですか?」

 

メガネに質問されます。

私はあったかい緑茶をお願いしました。


なんだか意味深な雰囲気をかんじとったので

一応記載しておきます。

 

たぶん大した意味はないと思いますが(笑)

  

面談の申し込み書類をみながら

質問タイムに入ります。


担当

「現在はインターネットビジネスをされているそうで?」


山田

「はい!そうですね!」


担当

「具体的にどのようなことをされているんですか?」

 

山田

「インターネット上で物販業をしています!

Amazonのプラットフォームを活用して

商品の売買をしています」


担当

「どのような商品を取り扱っているんでしょうか?」

 

山田

「基本的には家電製品がメインで、

CD・DVD・本などメディアを

取り扱うこともあります」

 

担当

仕入れはどのように行っているんでしょうか?」

 

山田

「家電量販店などの一般店舗がメインですが、

オークションサイト、インターネット卸などから

仕入れることもあります。」


担当

「現在の売り上げはどのくらいですか?」

 

山田

「一番多い時期で、月商150万ほどです」


担当

「150万!?凄いですね、粗利はどのくらいですか?」


山田

「粗利はだいたい20%ほどです、

会社員の給料分くらいは稼いでいます。」


担当

「ほほー、仕入れる商品の選定はどのように行っているんですか?」


山田

スマホのアプリケーション使っています。

ランキングの上下が波形になっており、

商品が売れたかどうか分かるようになっています。」

 

担当

「なんでそんな利益商品があったりするんですかね?」


山田

「新商品が入ってきた場合、展示スペースが欲しいので

古い商品を安くして処分品として売ろうします。

そういった商品を狙って仕入れたりします。」

 

担当

なるほどー、商品の目利きはどのように行ってるのですか? 」


山田

「基本的には経験が大事なので、

繰り返し調べることで身に付いていきます。

実際に稼いでる人に教えてもらうことも大事ですね」


担当

利益はどうやって分かるのですか?」


山田

「それもアプリケーション上で表示されます。

商品のバーコードや名称を入れるとAmazon上の価格と

手数料を引いた分の粗利が出てくるので、

それを見て利益が出るかどうか調べています。」


担当

なるほど、わかりました。Amazonを利用する理由はなんですか?」


山田

Amazonは他にはないサービスをやっており

あ、フルフィルメント by Amazonっていうんですけど

 

このサービスを利用すれば私たちは仕入れるだけで

在庫管理、検品、発送はAmazonがやってくれます。

 

このサービスを利用するのが最大の理由になります。」


担当

「あ、聞いたことありますね!

フルフィルメント by Amazonって、

ちなみに融資額はいくら位を希望していますか?」

 

山田

「ドキーーー!!!(内心)

・・・300万以上だと書類が必要になるので、

満額の300万を希望しています。」

  

担当

「わかりました、

その場合、3分の1を自己資金として

用意する必要がありますが

そういったお金は手元にございますか?」

 

山田

「ドキーーー!!!きたーーー!!!(内心)

実はそのことでお伺いしたい

ことがあったんですけど・・・

 

みなし自己資金ってあるじゃないですか?

あれってPCとかスマホとかも入りますかね〜?

(ドキドキ)」

 

担当

「事業に必要なものであれば

自己資金とみなされます^^」


山田

「よっしゃーーー!!!

きたーーー!!!(喜)

 

あと在庫とかもあるんですけど、

これもみなし自己資金になるんですかね〜?」


担当

「事業で使用するための在庫であれば

自己資金とみなされますよ。」


山田

「よっしゃよっしゃーーー!!!

あと家賃とか光熱費も含まれますか?(笑)」

 

担当

「事業用に別で部屋を用意した、

とうことであれば大丈夫ですけど

普段の生活用はちょっと・・・」


山田

「ですよね〜(笑)

あと商品を仕入れるアプリケーションにお金

支払ってるんですが、これも入りますかね?」


担当

「それも事業用ということであれば大丈夫です」


山田

「おけおけおけーーーい!!!」


・・・というように

みなし自己資金とされるのは

 

「開業前に支払った費用のうち

一部を自己資金として認めますよ」

 

ということです。

 

なので開業前に購入した

PC・スマホ・プリンタ・在庫など

 

減価償却できるものに関しては

みなし自己資金と認められる可能性が高いです。

 

減価償却とは、PCやスマホなど

使用して年数が経つほど資産価値が減る物を

会計上で計算するための処理。


逆に家賃・光熱費など、生活に必要な経費は

みなし自己資金と認められる可能性が低いです。

 

それでも自己資金が足りない!って方は

親から贈与してもらいましょう。


借りた場合だと

「これは見せ金として一時的に用意したお金だ」

と突っ込まれる可能性があるので


「きちんと譲り受けたお金ですよ」

という証明書を残してお金をいただきましょう(笑)

 

まだまだ話は続くのですが

かな〜り長くなってしまうので

明日にしようと思います!

 

独立や起業を考えている人にとって

かなり有益な情報なので必ずチェックしてくださいね^^

 

ではでは、まったね〜^^

 

→人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック♪


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ