読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『会社のルールに縛られるのはやめた』

組織という名の報われない檻から脱出し ただ自由を追い求める平凡サラリーマンのブログ 〜28歳 男性 一人暮らし 手取り19万〜 どこにでもいるような平凡サラリーマンが「せどり」を始めて3ヶ月で月商140万円を達成!!!

第1巻 〜せどりとは〜

f:id:kakuekiyamadayu:20161220144527j:plain

こんにちは!

 

各駅ヤマダ電機せどらー

山田 優です!

 

第1巻では副業で人気の「せどり」について

お話していきますよ!

 

私はこのせどりによって

人生を変えたうちの一人です。

 

あなたにはこの講座をきっかけに

せどりを実践していただき、

 

その威力・凄まじさを

体験していただきたいと思っています。

 

ではでは始めていきますよ〜^^

 

せどりとは?

 

まず「せどり」なんですが

漢字で書くとこうなります。

 

背取り

"古書店などで安く売っている本を買い、

他の古書店に高く売って利ざやを稼ぐこと"

 

これは簡単に言ってしまうと

本を安く買って高く売る

という非常にシンプルな商売です。

 

江戸時代から行われている

歴史ある商いの一つだそうです^^

 

江戸時代の人たちは今のように

スマホアプリがないので、

 

すべて自分の知識・経験を頼りに

目利きして仕入れていたそうです!

 

すごいですね!!!

 

仕入できる店舗

 

今の時代であれば古書店 以外にも

仕入れできる先が無限にあります。

 

・一般店舗

(家電量販店、古本屋、リサイクルショップ、ホームセンター)

 

・ネットショップ

Amazon楽天ショップ、ヤフーショッピング)

 

・ネットオークション

ヤフーオークション、メルカリ、ラクマ)

 

などなど

一般店舗はもちろんのこと、

 

ネットショップやネットオークションを使って

ウェブ上のお店から仕入れることも可能になります!

 

これによって自宅にいながらでも

ネット上で安い商品を仕入れて高く売るという

 

「電脳せどり

というジャンルが生まれました。

 

電脳せどりとは?

 

まずこの電脳の意味ですが

「電子頭脳」ということばの略になります。

 

そして電子頭脳というのは

コンピューターを意味します。

 

つまり

コンピューターを使ってせどりすることを

「電脳せどり」と言います。

 

コンピューターを使って仕入れるので

 

ネットショップやオークションサイト、

プリマアプリなどが主な仕入れ先になります。

 

せどりできる商品のジャンル

 

せどりをする商品のジャンルですが

ものすっごく広いです。

 

・CD、DVD、ゲーム

・おもちゃ

・家電

・生活用品

・食品&飲料

 

・・・

などなど、これはあくまで一例で

 

逆に売れない商品を見つけるのが

大変なくらい種類が豊富です。

 

仕入れた商品を販売する先

 

仕入れた商品を販売する先も

ものすごくいっぱいあって

 

Amazon

楽天ショップ

・ヤフーショッピング

 

などのネット店舗や

 

ヤフオク

・メルカリ

・ラクマ

 

などのオークションサイト

フリマアプリでも販売することが可能です。

 

ほんと思うのですが、

せどりの仕入れスキルを身につけてしまえば

日本中どこにいても稼ぐことができます。

 

ネット環境さえつながれば、僻地であっても

仕入れることができます。

 

ほんと日本という環境に感謝です。

 

これだけモノに恵まれ、環境もととのった国に

生まれたんです。

 

せどりしないなんて

もったいなさすぎます(笑)

 

それくらいあなたは恵まれています。

あとはあなたが行動するかどうかです。

 

行動する人だけがせどりの威力を体験し、

人生を変えるきっかけになります。

 

ではでは

今回の復習をしていきますよ〜

 

 

第1巻のまとめ

________________________________

せどり安く買って高く売るビジネス

・商品を仕入れる先は一般店舗ネットショップ

・本以外に家電、おもちゃ、生活用品なんかも売れちゃう

________________________________

 

今回の記事はいかがだったでしょうか^^?

 

もし、少しでもあなたの

お役に立てたのであれば、

 

下記のリンクをクリックして

ランキングのご協力をお願いします♪


サラリーマン・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ